年収1000万円の手取り額、1000万プレイヤーの現実とは?

「1,000万円プレイヤー」

なんて言葉があるように、
多くのサラリーマンにとって
1,000万円は一つの目標
となることが多い年収です。

 

そこで、今回の記事では、
年収1,000万円の方は、

『実際にどのくらい
 自由なお金があるのか?』

ということを見てまいりましょう。

 

一般的に

「年収1,000万」

と言うとこれは「額面の数字」であって
ここから所得税や住民税、健康保険や
厚生年金などが引かれます。

 

そのため、実際の手取り額は
これらの控除後の数字になるため、
「730万円程」と言われています。

 

もちろん、家族構成や、
生命保険や住宅ローンの有無等によって、
控除額が変わるため、多少の個人差はあります。

 

とはいえ、
大きく変わるものでもありません。

 

つまり、

1,000万円プレイヤーの方は
730万ほどの年収手取り額になる

と考えておけば大きく間違いはない、
ということなんですね。

 

これって単純計算で
12カ月で割ってみると、

『730万÷12=約60万』

ということで月約60万程度の
手取り額ということになります。

 

もしボーナスを
もらっているような方は、
ボーナスが一回「2カ月分」
の給料と仮定すれば、

『730万÷16=約45万』

ということで

給料:45万円×12カ月
ボーナス:90万円×2回

ということになるわけですね。

 

なんだかこれって、

「意外と少ない」

って感じませんか?

 

1人暮らしであれば
全然悪くありませんが、
家族を養っていたら
いわゆる裕福な生活はできません。

 

年収1,000万円の方でも、
共働きでもない限り

「お小遣いが3~5万円」

というのが一般的ですから、
自由に使えるお金なんて
ほとんどないのが実情なんです。

 

なので、自分の労働の評価が
1,000万円になることを
目指すのは良いことですが、

豊かな生活をするためには、
別の収入源を作ることを
考えた方が良いですよ。

 

副業であれば、やり方次第では
年収1,000万円どころか
青天井ですからね!

 

私の無料オンラインサロンでは、
これから副業を始める初心者の方のために、
初報酬を稼ぎ、その報酬を増やしていく
実践的な方法を解説中ですので、

ぜひぜひご参照なさってみてくださいね!

⇒ 神田翼の無料オンラインサロンをのぞいてみる

 

ご質問も随時お受付中ですので、
どうぞお気軽にお声掛けください ^ ^