「知覚動考(ともかくうごこう)」考えるよりも先に行動をすることが成功をつかむ

人が行動するまでのフロー(流れは)

「知覚考動」

といわれています。

 

どういうことかというと、

知:物事を知って

覚:そのことを覚えて

考:一度考えてから

動:動き始める

といった過程を経て
初めて動き出す、
ということなんです。

 

でも、これじゃ遅いんですよ。

 

しかも動く前に考えすぎると、

「これ大丈夫かな?」
「失敗するんじゃないか」
「今じゃない気がする」

なんてブレーキを
踏み始めてしまう可能性が
あり得るんです。

 

これだと「動きはじめる」
までたどり着かない可能性すら
あり得るわけですね。

 

そうじゃなくて、
成功する人って、

「知覚動考」

で行動しちゃうんです。

 

知:物事を知って

覚:そのことを覚えたら

動:まずは動き始めて

考:それから考える

という流れなんですね。

 

これだと行動への
アクションがワンテンポ早く、

その行動から得た経験をもとに
初めて考えればよい、
ということなんですね。

 

おそらくあなたが、
初めてのスポーツをする時って、

ルールを知って、覚えたら、
考えるんじゃなくて、まずやってみよう!

ってなると思うんですよ。

 

これと同じですね。

 

まずやってみないと
考えても仕方ないんです。

 

例えば「スキー」だったら
ケガしない転び方を覚えて、
まずは安全なところでだとは思いますが、
もういきなり滑り出しちゃいますよね?

 

コースを見て考えて、計画を立てて、
「じゃあ一回目滑ってみるか」
ってならないと思うんですよ。

 

考えてもやったことないものは
分からないですから 汗

 

だから、まずは「知覚動考」で
「とも(知)かく(覚)うご(動)こう(考)」
というのがお勧めなんです。

 

スポーツではできるのに、
なぜか日常に当てはめると
できない人が本当に多いんです。

 

ただ、もちろんとりあえずで
動いてみるわけだから、
失敗もするはずなんです。

 

でも、その失敗から得られる
経験値は計り知れないもので、
どんどんとあなたを成長
させてくれるんですよ。

 

だから、考えてから動く人と、
動いてから考える人では、
成長スピードが格段に変わってきます。

 

1年後大きな差がつかないように、
ぜひ、考えすぎずどんどんと
行動なさってみてくださいね!