『挑戦できない』という人が『挑戦できる』ようになる方法

あなたは何かに「挑戦」ってしていますか?

 

夢や目標がある人や、
何かやりたいことがあるという時
挑戦をしたい気持ちがあるのに、
一歩踏み出せないということが
よくあるかもしれません。

 

それってなんでだと思いますか?

 

それは

「いきなり大きな挑戦を
しようとしているから」

なんですよ。

 

普段から小さな挑戦をしていないと、
いきなり大きな挑戦なんてできません。

 

挑戦って変化なんです、
普段の日常のルーティーン(繰り返し)から
抜け出す瞬間になるわけですから、
普段と違うことをするのって
ストレスになってしまうんです。

 

人間はストレスを
避けようとする生き物ですから、
このストレスに日常的に
慣れておかないといけないんです。

 

そしてできれば
変化をストレスと感じないように
しておきたいわけです。

 

だからどうしたらよいかというと、
「日常的に変化を受け入れる」
ということなんですね。

 

人は毎日70個の同じ事を繰り返す、
って言われているんです。

 

朝起きたら、水を一口飲む、
朝ご飯を食べて、歯を磨いて、
着替えて仕事に出て、
いつものお店でランチを食べて、、、

といった感じで、毎日の過ごし方って
同じ事の繰り返しになっていることが
多いんですよ。

 

だから、そこを少しずつ
崩して見ましょう。

 

といっても、変化ってストレスなので、

『「1日1個」でいいのでいつもと違うことをしてみる』

というのを意識してみると良いですよ。

 

普段行かないお店でランチをしてみる
いつも飲むコーヒーをスタバから缶コーヒーにしてみる
いつもと違う交通手段を試してみる(1駅分歩いてみる等)

 

なんて感じで、『少しだけいつもと違うことを試してみる』
を実践し、小さな変化を受け入れてみると、
かなり挑戦への体感ができるはずですよ。

 

だって、お昼ご飯で知らないお店に
飛びこむ程度のリスクがとれない人に、
何かの挑戦ができるわけがありませんからね。

 

それに、変化を受け入れてみると
新しい体験をすることができますから、
そういった経験も非常にプラスになりますよ。

 

ぜひ小さな挑戦・変化を受け入れるところから、
挑戦癖を付けてみてくださいね!