成功するための基準値を知ると作業が楽になる

『自分なりに頑張っているのに
 なかなか結果が出ない』

そんな事ってありませんか?

 

そんな時にまず最初に考えるべきことは

「自分の基準値が低すぎないか?」

ということです。

 

例えば、資格を取るために、
試験に落ちてしまった場合、

「毎日1時間も勉強をしていたのに、
 なんで落ちてしまったのだろう」

なんて感じるかもしれません。

 

一般的に、

資格というのは合格をするために必要な
「目安勉強時間」というのが予備校や
参考書なんかには書いてあったりするんですが、

この資格の勉強目安時間が
「300時間」なんて書いてあったとします。

 

すると、1日1時間だと300日(約1年間)
も勉強する必要がある、
ってことなんですよね。

 

それなのに、もし
1日1時間の勉強をしたとしても、
勉強し始めてから半年間しか経ってなのであれば、
まだ基準値の半分程度の学習しかしていない、
ということになってしまうんですね。

 

これじゃ合格をするのって難しいはずですよね。

 

大体結果が出ないでないと嘆いている人は、

『自分が基準と思っているレベル、
 平均的だと思っているレベルが
 結果の出る人の基準値よりも全然低かった』

なんてことが多いです。

 

逆に言ってしまえば、

結果を出している人って、
 優秀とか賢いとかそういうことじゃなくて、
 この基準値を満たしているだけ』

であることがほとんどなんですね。

 

なので、あなたが何かに挑戦する際は、
この『基準値を考える』という視点を持つと、
「なんで結果がでないんだ!?」
なんて悩むことが減る上に、
成功確率がぐっと高くなるはずですよ!