「逃げるな危険!」一度やると決めたことを続けるために、逃げ癖をつけないようにしよう

こんにちは、神田です。

今回は逃げグセをつけないようにしよう
というテーマでお話をしたいと思います。

 

ただ、これは誰かに強制されたこと、
会社で理不尽な要求をされたりしたこと
なんかは該当しません
ので、
そのつもりで聞いてみてくださいね!

(むしろ理不尽な要求は避けたほうが良いですので)

 

そうではなく、
何か夢や目標を達成したいと思って、
あなた自身がやるって決めたことに関しての話なんですよ。

 

これって、あなたが自分のために、
もしくは大切な人のために問題を解決しよう、
〇〇を達成しよう!って思ったことのはずなんですね。

こういうご自身で決めたことに関しては、
誰からか強制されたことじゃないため、
割とすぐにやめてしまう人っているんです。

 

でもこういうものほど、
やり切ったほうが良いですよ。

 

「自分にできることはやりきる」

「思いつく限りのことをやってみる」

っていうのが大事です。

 

ちょっとだけやってみて、

「なんかうまくいかなそうとか」

「イメージと違っていたからとか」

そういうのでやめてしまうということを
続けていると、「逃げ癖」がついてしまうんですよ。

 

そうなると、
何を始めてもすぐやめてしまったり、
なぜか違うことを始めてしまったり、
そういう「クセ」がついてしまうんです。

 

これが、いろいろやってみた結果、
考えての変更・撤退ならもちろんOKです。

でも大体の場合、
「嫌になって辞める」
ってなってしまっている人が多いんです。

 

これを繰り返していくと、

「何をやってもうまくいかない自分」

「頑張れない自分」

「自信が持てない自分」

になってしまうんです。

 

でも、何か新しいことや初めてのことに
チャレンジしてみると、大小さまざまですが、
うまくいかないことなんて絶対に出てくるものなんです。

そんな時に、すぐにあきらめてしまうと、
何にもうまくいきませんから、
そうなったら自信も持てなくなってしまうんです。

 

だから、できることはやってみる、
思いつくことは試してみる、

ということをしてみたらよいですよ。

 

やれるだけやってうまくいかなくても、
「やり切った」っていう達成感や、
あきらめずやるべきことはやった、
という自信であったりつくので、
次のチャレンジではきっとうまくいくようになるんです。

 

ぜひビジネスだけではなくて、
普段の生活でもぜひ当てはめて
意識して考えてみてください。

人生が大きく変わるはずですよ!