失敗をしない人は成功しない、小さな挑戦をして、小さな成功・失敗を積み重ねよう

何かにチャレンジをした時、
うまくいかずに「失敗」
をしてしまうことって
ありますよね。

 

そんな時は「がっかり」
したり「落ち込んだり」
ネガティブな感情になって
しまうかもしれません。

 

でも、この「失敗」って絶対に
誰しもが経験することですから、
上手に付き合っていく必要が
あることなんです。

 

というのも、「毎回成功する」、
なんてことはあり得ませんからね!

 

チャレンジをすれば、
ある一定数は失敗して、
そしてある一定数が成功する、
というようになるものなんです。

 

この打率(成功確率)
人によって違いますが、
打率の高い人っていうのは、
例外なく失敗から学んでいる人なんですよ。

 

これはどういうことかというと、
失敗というのは、次のチャレンジをする時の
改善案の宝庫であるということなんです。

 

失敗をした原因を調べれば、
次はそれを踏まえ、同じ失敗を
繰り返さないようにチャレンジをする
ことができてしまうんです。

だから、失敗をした時は、
次の成功確率を高める
チャンスなんですよ。

 

失敗した理由を考え、調べ、
次の挑戦に活用すると良い
ということなんですね。

 

とはいえ、失敗の仕方を間違えると、

「大きなダメージを受けて立ち直れない」

「次の挑戦の足を引っ張ってしまう」

なんてことにもなりかねません。

 

なので、この失敗の仕方(挑戦の仕方)は
気を付けてくださいね!

 

始めに何も分からない
という状態なのであれば
いきなり大きな挑戦をするのではなく、
小さく初めて、たくさんの
小さな失敗をしてみてください。

 

そうすれば、
うまくいかない方法が分かるので、
そこから大きな挑戦をすればいいんですから。

 

これって実は、

「テストマーケティング」

と呼ばれる作業なんですね。

 

色々試したり検証をして、
うまくいくだろうというタイミングで
大きく挑戦をすると良いということなんです。

 

なので、大きな成功をしたい!
なんて考えている方でもまずは小さな挑戦と
失敗を積み重ねるということを
意識してみてくださいね!

 

それが大きな成功に
つながってまいりますので!

 

ぜひあなたの大成功をお祈り申し上げます ^ ^