失敗しやすい起業・副業5選、こんな起業・副業はしない方がいい

私のもとには毎日

「起業したい」

「副業で収入を増やしたい」

なんて方からの問い合わせが届きます。

 

その中で、

「これから何をするか考える」

なんて方は良いのですが、

「すでに挑戦をし、失敗してしまった」

なんて方がたまにいたりするんです。

 

失敗自体は
経験になるので良いのですが、
「借金」を作ってしまうと
次の挑戦の足を引っ張りかねません。

 

なので、これから
チャレンジをする方は、
ぜひ今回の記事を最後までご覧くださいね。

 

というのも、失敗の多いビジネスには
共通の特徴があるからなんです。

 

その特徴を見てみると、

1.初期投資の資金が必要なビジネス
2.成功事例のないビジネス
3.レバレッジの効かないビジネス
4.在庫をもつビジネス
5.利益率・利幅の低いビジネス

といったものなんです。

 

これを一つずつ見てまいりましょう。

 

1.初期投資の資金が必要なビジネス

初めて挑戦をする際に、
初期投資が必要なビジネスは辞めましょう。

 

というのも、初めて起業をする時って
一番経験値もスキルも少ないときなので、
最もリスクの高いタイミングなんです。

 

なので、初期投資をかけても、
失敗をしてしまう可能性が最も高い、
ということなんですね。

 

まずは小さく初めて、
その結果それがうまくいって、
拡大するために投資をする、
というのが理想的な流れなんです。

 

 

2.成功事例のないビジネス

今までの前例がないと、
何か行き詰った時に参考に
するものがありません。

 

そのため、行き詰った時に、
誤った判断をしてしまい失敗、
という方がたくさんいるんです。

 

大成功する方は、
ここで大きなかじ取りをして
乗り越えて大きな果実をもぎ取るものですが、

まずは成功事例のあるビジネスで実績や経験を積み、
そこから理念のある起業をしてみると、
リスクもなくスムーズに結果が出せるはずですよ。

 

 

3.レバレッジの効かないビジネス

また、儲かれば儲かるほど
自分が忙しくなるビジネス
上限が定まりやすいので、お勧めしません。

 

むしろ儲かれば儲かるほど、
仕組み化や人にお金が使えて、
自動的に回っていくようなものが
良いですね。

 

 

4.在庫をもつビジネス

『仕入れて売る』
というのは商売の基本なのですが、

ブームが終わったり、
商品が売れなくなった時に不良在庫を抱える、
ということも起きてしまいかねません。

 

もちろん

「高回転で売れる商品が仕入れられる」

「資金に余裕がある」

という方は逆にお勧めですが、
初めてのビジネスではお勧めしません。

 

 

5.利益率・利幅の低いビジネス

そして、最後は
利益率や利幅の小さなビジネスです。

 

やっぱり売り上げを上げるのって、
結構な労力をかけるものなんです。

それなのに、利益率が小さかったり、
利幅が小さいと、ずっと必死に
働かないといけなくなってしまいかねません。

 

しかも、何かちょっとした
失敗が発生しただけで、
売上が止まってしまったら、
大変ですよね。

 

「薄利多売」

というのは大企業の戦略なので、
小規模な会社や、個人のビジネスでは
避けるべきです。

 

 

以上がお勧めできないビジネスです。

 

じゃあ何をすればいいのかというと、
この逆のビジネスをすればいい
ということですね。

 

この5つの条件の逆を
すべて満たすビジネスについては、
無料オンラインサロンでも解説をしていますので、
ぜひぜひご参照くださると幸いです。

⇒ 神田翼の無料オンラインサロンをのぞいてみる

 

ご質問もお受付していますので
どうぞお気軽に ^ ^